◆布団のカビ対策◆ 布団に湿気を溜めない!

こんばんは。kazukoです。

我が家では、主人はベット(クイーンに一人‼)
私と子供2人はフローリングにシングル2組を敷き寝ています。

フローリングに布団を敷いて寝るようになったのは、子供が誕生してから。
そこで初めて、敷布団の裏にはカビが生えやすい!ということを知りました。

以前はマンションの7階に住んでいて、ベランダから布団を干すことが出来ず、またベランダの物干し竿に敷布団を上げ下げするのは、なかなか大変な作業でした。干している洗濯物もあるし~

カビが生える原因は、人間の汗や、床とフローリングの間におきる結露、、だそうです。
フローリングに結露!?と思ったのですが、布団を動かした後にすごい床が濡れていたことがあって、汗にしては多いし、おねしょでもないし。あれが、結露だったのだと思います。

いつの間にか水分は布団内部にため込まれて湿気となり、気が付けばカビの温床となるのです。

対策として、除湿シートを引いてみたりしたのですが、それでもいつの間にかカビが点々と。。。

そこで、敷布団を一新した機会に一緒に購入した「ある物」と、家にあった家電で徹底カビ対策をしました。

布団に湿気をため込めなければ、カビは生えない

布団に湿気を残さないようにしよう!と思い購入したのは

◇室内用の布団干し◇

形がA型で内側が開いているので、空気の通り道が出来て内側からも湿気を飛ばせる仕組みになっている布団干しを購入しました。

でも室内なので空気の動きがほとんどありません。そこで内側に除湿機を置いて、中から除湿。
除湿機は以前から自宅にあったものです。

毎朝、起きたら一組ずつ、布団を干して除湿してます。1組最低でも30分~。
布団を交換して順番に除湿してます。

毎日、毎朝。
起きたら必ずやる事です。

この結果、布団を一新してから1年4か月になりますが、まだカビが生えていません!


布団干しの高さは自分の肩くらいなので、布団の上げ下げも楽です。
作業が習慣となり、たいした苦労はしていません。
自分のスタイルにあったやり方で、結果、布団のカビストレスから解放されました。

↓こちらが購入した布団干し
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本製!アルミA型シンプルハンガー【05P03Dec16】
価格:5981円(税込、送料無料) (2017/11/11時点)



形が理想的だったのです。

・折り畳み可能で収納しやすい←畳むと幅7cm
・アルミ製で軽い←片手でも持てちゃう
・ハンガー掛け用のフック付き

折り畳みが楽で、軽いのでフリーマーケットに参加した時も持ち運びしやすかったです。
ハンガー用のフックは便利なようですが、特にいらないかな、と感じるときも^^;

布団以外にも

・取り込んだ洗濯物の一時置き場
 (この時フックに一つ一つ掛けるのがやや面倒^^;)
・雨の日の洗濯物干しスペース(除湿機もフル稼働)

と、活躍しない日はないくらい我が家の必需品となりました。

除湿機は、布団干し以外にも室内の洗濯物干しにも使えるので、こちらも本当に便利な家電です。

我が家の除湿機もぼちぼち寿命がきそうなので、そろそろ買い換えたいところ・・



以上、「◆布団のカビ対策◆ 布団に湿気を溜めない!」でした。

↓参考になりましたか?クリックしてくださると励みになります!

買い物・ショッピングランキング

Tag:布団 カビ 除湿 湿気 布団干し 除湿機 アルミA型シンプルハンガー カビ対策

COMMENT 0